動画作品リンク

マイワーク(ニコ動)





多重世界のマナ
歌を愛するオンラインゲーマーのつぶやき (twitter-[@temzine])
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

戦士も一区切り
今日はゴーレム。

昨日の段階で、ファイターのレベルが30になりまして、31装備が着れるようになるまであと少しとなりました。
セント平原で少し上げようと思い、移動中に塔から降りたところで、予想していなかった相手に遭遇しました。
遭遇率の低い、闇影ゾンビーさん
出ることは出るんですね。
幸い、まわりに他のプレイヤーがいなかったこともあり、おいしくいただきました。
そしてわかったことがあります。
この闇影ゾンビーのクエストは、そのあとに続くクエストが無いようです。
話の流れからいくと、セントメテオのアーソンに話をして、食物採集を阻害する魔物を倒す話になるはずなのですが、その内容のクエストは、もう終わっているはずです。
獲得経験値はさほど大きくありませんでした。
ようやくレベル31です
レベル31への追い込みは、緑蝙蝠とハエ男兵で行いました。
パワーアタック1回と、通常攻撃2回で片付きます。
31になるとSP上限が倍以上に上がりますが、引き続き狩ってSPも満タンに貯めました。
一度セント休憩所で不用品を売り払ったのですが、フォレスタルへ戻る途中で重量オーバーになりましたw
のろのろ歩いて道具屋付近を通過しようとしたところ、見覚えのある方に遭遇。
以前、露店から装備を買いまして、内緒で少し会話をされた方でした。
雑談は楽しいです♪
これでレベル30以下は、ショコラとミルクだけとなりました。
現在は治療師が1名いますが、また誰かが二次転職したら、さらにキャラを追加しようかなと考えています。
三次職の情報も出てきましたよね。
未公開となっている、三次職の製造スキルが気になります。
スポンサーサイト

テーマ:ブライトシャドウ - ジャンル:オンラインゲーム

今回は支援されます
今日はゴーレム。

コミュニティ掲示板に、ファイターの育成についての質問があったので、自分のファイターの状況を確認しつつ、レスをつけていました。
すると、そこへ内緒であいさつが飛んできました。
お客様のルミナス(仮名)さんとお会いしました
以前、このブログにコメントを書いていただいた方で、私の遊び方に触発されて、支援型の霊術師を作られたそうです。
仮に、ルミナス(仮名)さんとしておきましょうかw
戦闘ステータスを切り捨て、WISとCONだけに振っているそうで、レベル28になった今、狩りがとても苦しいようです。
少しお話をしたあと、私がアタッカーとなって、パーティー狩りに出かけました。
BF1は、ちょっときつかったです
ルミナス(仮名)さんは、メインにナイトを持っているそうで、亡骸教会は熟知されております。
一度BF1まで降りたのですが、SPどころかMPまで枯れそうになりまして、結局F1で骸骨族を狩ることで落ち着きました。
何よりファイターのスキルが、湯水のようにSPを消耗しまして、スキルⅢを使うコンボⅡでは、恐ろしいスピードでSPが減っていきます。
でもさすがに通常攻撃では時間がかかりすぎるため、ソロ狩りで使っている、スマッシュⅠとパワーアタックⅠの交互撃ちでしのぎます。
SPが集まったら、コンボⅡを狙うことにしました。
骨がいいダシ出てますw
しばらくは骸骨海賊と狂骨を調子よく狩っていたのですが、ふいに中ボスの首無騎士デュランが出現しました。
ようやく狩りが成立しているエリアでの中ボスには、勝ち目はありません。
逃げようとしたのですが、ルミナス(仮名)さんが一撃のもとに沈められてしまいました。
防御型霊術師とはいえ、上位レベルの中ボスの一撃には耐えられなかったようです。
ルミナス(仮名)さんは、そのまま死に戻って落ちることになりまして、教会の1Fでお別れしました。

私はそこからソロで粘り、レベルを30とします。
小薬水の消耗がやや多めですが、割と安全にサクサク狩れました。
レベル30の+50%程度になったころ、重量オーバーが発生。
そこからてくてくと歩いて、徒歩でセント休憩所まで戻りました。
装備品がかなり集まったこともあり、不用品を売り払ったあとは走ってフォレスタルへ帰還。
倉庫を介して他のキャラと装備交換を行いました。
声をかけたくなる服装だったもので
同じくセント平原にいたシューターをフォレスタルへ移動させていたところ、妙なコーディネートの霊術師さんを見かけました。
聞くと、お金がなくて装備が買えなかったとのこと。
どうやらクエスト関係を、ほとんど行っていなかったらしいです。
ちょうどシューターだったので、レベル17の霊術師防具をひとそろい、作ってお渡ししました。
大した性能ではないのですが、とても喜ばれまして、私もうれしかったですよ。
シューターでも喜ばれることができるんですねw
faviconとして設定できませんでした
つい先日、とあるギルドとギルドバッジのデザインがかぶっていることが判明しました。
そこで先週末にオリジナルのギルドバッジをデザインしまして、今回アップロードしました。
中央のハートマークはドット打ちで描いていますが、他は全部、円と楕円の組み合わせで作りました。
翼をイメージしたものですが、アルファベットの「M」のイメージも入っております。

テーマ:ブライトシャドウ - ジャンル:オンラインゲーム

ファラ王の怒り
今日はスルト。

キルハイルクエストを進める予定であったのですが、コンスタントの被害が甚大なため、パサナカードが揃うまでは延期にしようということになったようです。
興行会議w
そのため、スフィンクスダンジョンへ行くことになりました。
前衛にアルケミスト1、ナイト2、後衛にハイウィザード1、支援にバードとプリーストという6人構成です。
パサナもそうですが、ミノタウロスも火属性なので、ハイウィザードのストームガストがあれば、狩ること自体はそう難しくはありません。
バードのブラギの歌のおかげで、詠唱速度もアップ。
ストームガストだけでなく、私の支援魔法も高速で繰り出せまして、支援自体も気持ちよかったですw
ストームガスト強し
パサナは3F、4F、5Fのいずれの階にも出現するのですが、3Fと4Fではほとんど遭遇しません。
数を狩るなら5Fがベストなのですが、5Fは5Fなりに問題があります。
あきれるほど広い回廊を持つ4Fに比べ、5Fは回廊の幅がとても狭くなっています。
そのうえ、中央から外周へ向かうためには、一本道の通路を進まなければなりません。
もしもそこに、MVPボスのファラオ様が陣取っていたら・・・。
ファラオ様に遭遇
今回まさにそのケースにぶちあたりました。
死亡者が続々と出てしまいますが、無詠唱リザレクションを使って立て直します。
私も一度死亡しましたが、そのときはファラオではなく、パサナに囲まれて転びました。
周囲のモンスターを狩っていたため、中央に多くたまりすぎたようです。
分断されました
4Fと5Fを往復した際に、何度かファラオ様のいる場所を通過しなくてはならず、パーティーが分断になったり、死者が出たり。
パサナ狩り自体は結構な数をこなしましたので、成果はまずまずといったところでしょうか。
カードは手に入りませんでしたけどね。
清算完了
キルハイルクエストのために、パサナ狩りとなったわけですが、話はいつかファラオを倒してやるぞという流れにw
取り巻きを一掃できる強力な範囲攻撃と、耐久力の高いVIT前衛が数名、支援職が2名以上欲しいところですね。
死亡者は多かったのですが、なかなか楽しい狩りでした。
狩場変更のリクエストがなければ、しばらくは同じパターンでいくことになると思います。
結構経験効率もいいですからね。

テーマ:ラグナロクオンライン - ジャンル:オンラインゲーム

癒して癒される
通常プレイしている時間は、少々疲労がたまりまして、すぐに床に就きました。
夕方に少しROSEオンラインをプレイ。
エルバルーン砂漠北部の浅い湖で、タートルやクラックをメインに狩っておりました。
今回はタートルとクラック狩り
レベルの上がりが早いのはいいのですが、スキル取りが遅々として進みません。
レベル30で習得できるはずのウインドストームも、まだまだ条件が揃わずに、習得できないでいます。
たぶん、攻撃スキルを中心にとっていけば、レベル30でも習得条件が整うのでしょうね。
私のミューズはINT全振りですが、スキル取りは支援スキルが中心です。
その関係もありまして、杖を装備して攻撃魔法で戦うよりも、ワンドを装備して支援魔法で戦うほうが、とても効率が高くなっています。
自分に支援をかけてから、ワンドを杖に持ち替えると、かけた支援魔法が全部キャンセルされてしまいます。
そのため、今はワンドが手放せません。
狩場はこんな状況
同じ場所で、2~3名の方々が狩りをしていました。
支援効果は離れた位置から目視で確認できるので、支援がかかっていない方を見かけると、飛んでいってサポートしています。
パーティーに誘われることはありませんでしたが、引き上げぎわに名前入りでお礼を言われまして、とても気分が良かったですw

そういえば、トップページには5件の記事が載るのですが、5件中同じゲームの記事は、ブライトシャドウの2件だけですね。
多重世界っぽいかな?w
無料初の二次転職
今日はゴーレム。

悪魔の羽根が早く取れてほしいのですが、10日たった今でもまだくっついたままです。
とりあえず、取り去る方法は無いものか、メールで問い合わせておきました。

INして間もなく、お友達の式神士、Kさんと会話。
私は自分から積極的に行動するほうではないのですが、Kさんに背中を押される感じで、亡骸教会の前まで行きました。
他所のギルドの転職に便乗しちゃいました
そこに、とあるギルドのメンバーが集まっておりまして、レベルを見たところ、どうやら転職クエストの待ち合わせのよう。
ここでもKさんは積極的に話しかけ、転職クエストの集まりであることを確認し、同行させていただける運びとなりました。
Kさんはアクティブなだけでなく、面倒見も良い人です。
まさに、ギルドマスターにふさわしい人だなぁと思いました。
ヴァンパイアキングにリターンマッチ
参加メンバーは、物理系3、魔法系3、そのうち霊術師が2名という、大変にバランスのとれた構成となりました。
もうひとりの霊術師さんは、レベルがまだ40だそうで、SPの消耗が気になります。
Kさんは式神士でありますが、率先して攻撃を開始するため、率先してターゲッティングされる運命にあります。
このヴァンパイアキングとの戦いでも、数回死亡されていましたね。
もちろん、きっちりと復活させていただきました。
キンさんに勝利しました
守りの固い前衛のおかげもあり、ヴァンパイアキングを倒すことに成功しました。
おかげさまで、私は必要なアイテムが全部揃いました。
お礼も兼ねて、黒風老婆の討伐にも同行させていただきます。
黒風老婆は、ヴァンパイアキングほど乱戦にはならなかったのですが、こちらのスキルを封じてくるのが痛いですね。
倒す直前に、こちらの霊術師さんが倒されてしまったのですが、私が復活させました。
ついてきて本当に良かったです。
霊術師さんひとりだったら、倒せてもクエストアイテムが入手できなくなるところでした。
あぶないあぶない。
黒風洞窟を徒歩で脱出し、洞窟前で解散となりました。
治療師装備(+悪魔の羽根)
背中の羽根は相変わらずですが、ようやく治療師の制服を着れるようになりました。
さきほど別れました霊術師さんと、ここでばったり会いまして、あらためてお礼の応酬をw
私の回復手腕と、背中の悪魔羽根をほめちぎっておられましたw
回復手腕についても背中の羽根についても、私にとってはイマイチなんですけどねぇ;
強制撤去の方法が無ければ、それはそれでいいかなと思うようにはなりました。

テーマ:ブライトシャドウ - ジャンル:オンラインゲーム

スローライフ
マスターオブエピックから離れて、もう1年にもなるでしょうか。
アカウントIDとパスワードは問題なく使えましたが、過去のキャラはすべて消えておりました。
ひさしぶりのダイアロス島
新しくキャラを作り直し、チュートリアルから振り返ります。
今回はエルモニー族を使いました。
昔は白ヘビとのバトルや、料理や水泳のスキルを上げれるだけ上げていましたが、今回は適当なところで切り上げました。
気づいたことといえば、NPCの名前がアルファベットからカタカナ表記になっていましたね。
ケール・タングンに生産設備がいっぱい
先輩との交流タイムである、ケール・タングンでは、中央広場に生産設備が置かれていました。
意味がないんじゃないかと思ったのですが、新参者に対して、いろいろ作ってプレゼントしている方がおられました。
一応役に立ってるんですね。
私もいくつかいただきました。浴衣とハンマーです。
浴衣とハンマーをいただきました
ハンマーは一応生産道具なのですが、聞くと戦闘に使っても差し支えないとのこと。
魔法系キャラに育てるつもりなので、たぶん使わないでしょうけどね;
私はこのケール・タングンは何度も体験済みなので、さっさと花(先輩へのお礼の品)を渡して去ることもできたのですが、本当の新参者へのお手伝いも含めて、参加してまいりました。
道中は新参者では即死します
道中は先輩たちに任せます。
最終モンスターは、新参者しか入手できない特殊アイテムでしか、ダメージを与えられません。
ひとりはうまく使えていないようでしたが、私が先陣をきってダメージを与えていったこともあり、あっさりと撃破。
私ひとりのぶんでは全然足りないので、皆さんも上手く使えていたということですね。
私は自分のぶんのお花(お礼の品)を、地獄の女王様を召喚した方に差し上げましたw
お犬様狩りもひさしぶり
以前、コグニート族を使っていたときと同じように、自立できる魔法使いを目指します。
魔法使いのギルド、アルケィナに加入して、クエストを受けてお金とスキルを上げていきます。
野犬じゃ相変わらずですが、コウモリは以前よりも視認しやすくなった気がします。
たまに生産材料の木に重なって飛んでいるときがありまして、ターゲットは木が優先されてしまいます。
木から離れるまでじっと待たないとなりませんでした。
コットンいっぱい刈らなくちゃ;
ある程度、魔法の触媒とお金がたまったところで、裁縫を習いに行きます。
そのまえに素材のコットン集め。
採集地はほとんど変わりありませんでしたね。
収穫鎌を2個買ってきたのですが、1本を半分使ったところで、まだコットンファイバーは5本どまり。
コットンファイバーから綿の糸束を作り、さらに綿の糸束3個から、ようやくコットンの布束がひとつ作れます。
帽子ひとつ作るにも、布束が3つも必要なのです。
しばらくはコットン集めが続くでしょう。

服を自分で作れるようになったら、今度は木工のスキルを上げて、杖も自分で作るつもりです。
料理はどうしましょうかねー。
魔法で飢えや渇きを癒すことも可能なのですが、昔食べたミートサンドイッチとグレープジュースの味が忘れられない・・・w

テーマ:Master Of Epic - ジャンル:オンラインゲーム

充実した一日
今日はケイオス。

月イチの白銀ギルド集会です。
一応バランスのとれたPT
集合は8時30分。早いですねぇ。
いつもは雑談だけで終了するのですが、今回はどうにも会話のテンポがよくなかったようです。
参加者4名で、グラストヘイム騎士団へ向かいました。
深淵はちょっと痛いです
城の外マップでも会いましたが、深淵の騎士によく遭遇します。
何度か挑んでいたのですが、前衛が私のアサシンひとりだけだったこともあり、生存率はかなり悪かったです。
それでも全滅にならなかったのは、不幸中の幸いですね。
あとでSWを使えばいいことに気づき
倒れる回数がちょっと多くなってきたので、深淵の騎士は回避していくことにしました。
相手は足が遅いですからね。
ベインスアップデートで、一時的に多くのモンスターの配置数が減ったのですが、また先日修正パッチが入りまして、以前と同じくらいの数に戻ったそうです。
なんだかんだ言われても、運営はユーザーの声をしっかり受け止めているのだなぁと感じました。
ナイトさんは出稼ぎ中w
23時をまわったころ、ギルドメンバーのひとりがINしてきました。
騎士団での狩りが結構厳しいこともあり、合流したあとは監獄で狩りました。
機動性と耐久力に優れた前衛がひとり増えるだけで、狩りはぐっと楽になりますね。
時には私がまったく動かなくても、モンスターの群れを一掃できたりします。
フェンダークが固かった以外は、本当に楽な狩りでした。
おとなりさんと交流
レベル75のアサシンで、稼ぎは40%ぐらいになったようです。
現在、経験値2倍キャンペーンをやっていまして、その効果もあったようです。
狩りを終えて、そろそろ落ちようと思っていたところ、近所のお友達と再会しました。
ケイオスはなかなかINできないので、本当に久しぶりに感じました。

ヘイムダルのほうが、IN率低いんですけどね(^^;

テーマ:ラグナロクオンライン - ジャンル:オンラインゲーム

新人研修会
今日はゴーレム。

少しミルクを動かしてみました。
新参者の数は減っているわけではないようでして、今後も多かれ少なかれ、新規参入者は増え続けていくものと思われます。
シューター志望の方
洞窟でも支援すると、いい反応が返ってきます。
何人かはスキルを使っているにも関わらず、与えるダメージ量が小さい人がいます。
聞いてみると、シューターを目指しているのでとか、一次職を決めていないなどの理由で、STRやINTにステータスポイントを振っていないそうです。
未確定はともかく、シューター志望者には確かに厳しい世界ですね。
転職してしまえば弓の通常攻撃は結構強いのですが、DEXを攻撃力にできないビギナーは大変です。
転職クエストで、一番苦労するんじゃないでしょうか。
そういえば、おもちゃ屋で弓と矢を売っていましたね。
あれはDEXで威力が上がるのでしょうか??
新しいキャラクターを作る機会がありましたら、調べてみたいと思います。
質問たいむ
試練の平原では、レベルが3以上であるにもかかわらず、通常攻撃のみで苦労して狩っている人を見かけます。
サブキャラを作るのでなく、本当に始めての人が多いということですね。
スキルに関するアドバイスをしてあげたところ、大変喜ばれました。
時々聞かれることなのですが、「どの職業が強いですか?」
私はこの質問には、別の方向から回答するようにしています。
強いかどうかではなく、自分の好むスタイルは何か、楽しめるかどうかを考えて、職業を選ぶようにアドバイスしています。
強いこと=楽しいこと、ではありませんものね。
強くてもおもしろくなければ、その選択は間違ったことになります。
最強キャラほど虚しいものは無いと、私は思います。

テーマ:ブライトシャドウ - ジャンル:オンラインゲーム

同志に救われる
ふたたびROSEオンラインです。

クエストを少し進めました。
ビートルバグは水辺に移動しました
クエストの発生そのものは、多くありません。
連載形式のエピッククエストがひとつ。
あとは小さな依頼が少しある程度ですね。
写真ではビートルバグファイターを狩っていますが、これも単発依頼のひとつです。
このクエストをひとつ終えたところで、先日お会いした方々に再会しました。
1日ぶりです
あのときは確かに私よりもレベルは下だったのですが、今では私を追い抜いて、レベル30になっていました。
ウインドストームのスキルブックがひとつあまっていましたので、差し上げました。
彼らは狩りによるレベルアップが、少々飽きてきた様子でした。
クエストを進めていないようだったのでお話したところ、受けてみることにしたようです。
別れた後もしばしば村の中で、村を横切るように走っていく姿を見かけました。
このあと襲いかかってきます
冒険者の草原、集落の南にフラーネの畑があるのですが、そこに立っていたNPCは、クエスト討伐対象だったんですね。
私のミューズはレベル29だったのですが、ダメージはほとんど受けず、あっさりと撃破できました。
倒れたあとは、NPCとして復活します。
なんだか妙ですね。
MMOなので仕方ないのでしょうか。
ひとりでは無理でした
ウーピーキングは、レベル29でもソロではきつい相手です。
これが沸く付近に、高レベルの人がじっとしていたのを見かけまして、何をしているんだろうと思いました。
実はウーピーキングを狩る人に、辻支援をかけるためだったんですね。
ソロではまったく勝ち目のない相手だったのですが、彼のおかげでなんとか倒すことに成功しました。
目的のアイテムは手に入りませんでしたが、私と同じような趣味をお持ちの方がいらっしゃったことに、少し嬉しくなりました。
帽子だけは、こっちの性能が上
今回はレベル30までがんばりまして、職業別第二次装備を着れるところまでもっていきました。
転生モドキ
左の使用キャラ一覧にあるもののうち、ブラキンフィエスタを、フリフオンラインは現在ほとんどINしていません。

ブラキンフィエスタでは、昨年末の12月27日に、大型アップデート「タクティカル・アナコンダ」が実装されました。
レベルキャップの引き上げ、新マップ・新モンスターの実装。
パーティーマッチングシステムに新しいクエストなどなど。
私のキャラでもわかる変更としては、ミニルームが広くなったことでしょうかね。
プレイ意欲をかきたてられそうな変更は、ありませんでした。

フリフオンラインのほうは、今年の1月16日に、大型アップデートが入りました。
このアップデートにより、難易度の高いダンジョンと、転生モドキのような成長システムが導入されました。
ヴォルケインダンジョンは、入るために毎回クエストをクリアする必要があるそうです。
誰でもすぐに行ける場所ではないということですね。
また、転生のほうは、マスターとヒーローが実装されました。
マスターになるには、レベル120で獲得経験値が99.99%になっている必要があります。
マスターになると、レベルは一旦60まで戻ります。
レベル120でかつ獲得経験値が99.99%になると、ヒーローになる資格が備わります。
マスターになる場合も、ヒーローになる場合も、ヴォルケインダンジョンの中にいるNPCから、転生クエストを受けて完遂しなくてはなりません。

ぶっちゃけ、どちらのアップデートも高レベルのプレイヤーを対象としたものですね。
運営側の思惑としては、長期プレイ者をターゲットとして、安定度を狙う作戦のようですが、この作戦はあながち間違ってもいないかもしれません。

私の感覚で、それぞれに強く思う不満点を挙げておきます。
ブラキンフィエスタのほうは、入る際にキャラクターレベルの制限があるダンジョン。
お友達とレベル差が開いてしまった場合に、パーティーを組んで狩りをすることを難しくしています。
まぁこの点は、他のほとんどのMMOでも感じることなのですが・・・。
フリフオンラインの最大の欠点は、同じ敵を狩り続けなくてはならないため、テンションが維持できないこと。
バトルBGMがかからなくなったことと、フィールドBGMに妙に明るい曲がかかるようになってしまったことも、マイナスだと感じています。

PORTAL2

最近の記事

カテゴリー

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。