動画作品リンク

マイワーク(ニコ動)





多重世界のマナ
歌を愛するオンラインゲーマーのつぶやき (twitter-[@temzine])
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年最初の大冒険
今日はゴーレム。

とりあえず霊術師ミルクに復活術を習得させようと思いまして、セント平原で狩りをしていました。
レベル24の霊術師では、レベル26のドラ君を狩るのが効率いいようです。
Lv24ではLv28のドラ君が美味しい
攻撃スキルは、相変わらずエアスラッシュのⅠとⅡだけです。
ゲーム時間の日中はドラ君が現れないので、ひとつしたのレベルの緑蝙蝠を相手にしてました。
かくして無事にレベル25へレベルアップ。
辻支援担当が、もうひとり増えましたw

夜になってお友達の魔術師さんからメッセージが飛んできます。
昨日ギルドを立ち上げた方なのですが、ギルドバッジがうまく反映できなくて苦労なさっていました。
Windowsの環境によって、ファイルの拡張子が表示されないようになっているパソコンがあります。
見た目のファイル名と、ギルドバッジ登録時のファイル名を、あえて変えなくてはならないときがありますので、ギルドを作成される方はご注意を。
今回のメンバー(霊術師さんひとり画面外w)
満月のギルドバッジが、無事に登録できたようです。
そのあとは黒風洞窟へ誘われました。
冒険行ということで、効率よりもどこまで行けるかに挑戦するものです。
私の持ちキャラでは、クリーム以外はさすがに即死の恐れが大きいので、皆さんよりもレベルは高くなってしまいますが、クリームで同行することにしました。
洞窟は魔法職が楽
6名で洞窟へ向かったのですが、ほどなく唯一のファイターさんが回線不調のために脱落してしまいます。
かなりの時間待ったのですが、戻ってこられる気配がなかったので、意を決して残りの5名で奥へ向かいます。
この洞窟では、下の階へ向かうルートは、大きく分けて2通りあるんですね。
どちらを進むかによって、出会うモンスターの顔ぶれも変わってきたりします。
スキルレベルを3に合わせ、積極的にコンボを狙っていったこともありまして、さくさくと最下層にたどりつきました。
最深部でハイハーピィを狩ります
大広間にはレベル45のハイハーピィが5体いただけで、他にめぼしいものはありません。
ただこのマップ、頭上から下がっている植物の根のようなものが視界とターゲッティングの邪魔となり、とても狩りにくいマップになってました。
狩りにくい場所ではあるのですが、モンスターの配置間隔が広いおかげで、囲まれることなく一体ずつ狩れます。
経験効率も抜群ですね。
もしも私が抜けていたら、もっと高い効率をたたき出せたかもしれません。
メンバー全員、レベルがひとつ上がったのではないでしょうか。
このあたりではレベル47装備が多数手に入ります。
装備品の調達や、お金稼ぎにも良さそうです。
中ボスのフェアリール
根がかなり邪魔だったこともあり、少し戻った地点でハイハーピィを狩っていたところ、目立つ別系統のモンスターが目に入りました。
もしかしたらボスモンスターかな?、と思っていたら、やっぱりボスモンスター(Lv48フェアリール)だったようです。
扱いとしては中ボスに相当するのですが、こちらの攻撃がまったく通用しません。
かすり傷すら負わせられず、3階方向へ向かって撤退しました。
倒れた仲間は、私ともうひとりの霊術師さんが協力して復活させます。
あとで気づいたのですが、フェアリールの通常攻撃は、私の装備でかなり軽減できていました。
最初から、私がフェアリールの攻撃を引きつけておけばよかったですね。

適当なところで玉砕帰還しました。
今回はホームポイントをセント平原にしていたので、帰還直後に合流できました。
アイテムは拾った者勝ちということで、装備品などは相談して分配しました。
シューターは補助火力として
ここで一旦解散となりましたが、私はシューターでもう少し同行しました。
霊術師さんと魔術師さんのコンボを邪魔しないように、通常攻撃をメインに使って援護射撃です。
霊・魔・射のパーティーでは、シューターは通常攻撃がいいですね。
アローレインは使い物になりません。
かえってお二人の足を引っ張ってしまいました;
30分くらいで体力の限界がきまして、お別れして落ちました。
連続4時間と40分の行軍でした。
ちょっと遊びすぎですねぇ;

テーマ:ブライトシャドウ - ジャンル:オンラインゲーム

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


PORTAL2

最近の記事

カテゴリー

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。