動画作品リンク

マイワーク(ニコ動)





多重世界のマナ
歌を愛するオンラインゲーマーのつぶやき (twitter-[@temzine])
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神隠し葬送行進曲
今日はゴーレム。

神隠し洞へ行ってまいりました。
魔法系上級ダンジョンとして位置づけられたこの洞窟。
二次職を含めてある程度の人数があれば、そこそこ稼ぎになるようです。
3名は火力も限られてきますので、BF1のみで狩りました。
3人なので、1階どまり
黒風洞窟との大きな違いは、装備品のドロップが極端に少ないことです。
全体的に装備ドロップが増えてきたとのお話をよく聞きますが、上級ダンジョンになるにつれて、その恩恵は小さくなっているようですね。
レベルアップのために倒すべきモンスターの数も、相対的に多くなってきますので、1レベルあたりの獲得数、転じて装備アイテムを売却した際の獲得金額は、低くなっているというわけではなさそうです。
経済効果を考えるなら、このくらいが適当なのでしょうかね?
回復が一瞬遅れました
モンスターの分布密度はまばらなほうですが、それでも安全地帯が広いというわけではありません。
回復のタイミングがわずかに遅れたため、転んでしまいました。
画面にもうひとり霊術師さんの姿が見えますが、折悪しくAFK(不在状態)でした。
幻術士さんが孤軍奮闘されまして、なんとか持ち直しました。
火力が違いますね
時間を開けまして、今度は5名で挑みました。
幻術士さん1名と、道士さんが追加で参加されました。
人数が倍近くになったわけですが、火力は倍以上になったようですね。
このあたりでは獲得SP量も多くなってきているので、一次職スキルのレベル5を連発しても、SPの補充が間に合います。
霊術師が2人とも一次職なので、幻術士さんも道士さんも、一次職スキルで戦っています。
二次職の戦闘スキルは、消耗が激し過ぎるとのこともあり、狩りにはほとんど使われないようです。
水着買っておけばよかったw
BF3に降りたところ、目の前に大きな水溜りがありました。
ここで一旦休憩。
気分は地下洞窟温泉w
このあとマップの南東を通って進んだのですが、中ボスの魔女鏡に遭遇しまして、撤退しました。
すさまじい範囲攻撃を持っています
方向転換して南西のルートを進みます。
実はこちらのほうが移動距離は短くて済みました。
階段手前の通路はオンディーヌの群生地となっておりまして、瀕死になると使ってくる、広範囲の水属性魔法がかなり痛かったです。
(私はこの技を個人的に、メガスプラッシュと呼んでいます)
場合によっては一撃死でした。
もうひとりの霊術師さんと、幻術師さんのひとりが、よく転ばれました。
死屍累々
BF4へ降りることには成功しました。
行軍して間もなく、アーリマンと水泡君の群生地で全滅。
殲滅にかなりの時間がかかるため、2匹目と戦っている間に、直前に倒したモンスターが復活してしまいます。
3匹以上が集まっている場所では、常に2匹に攻撃され続けていることになります。
しかも、アーリマンは足止めを使ってきますし、水泡君はメガスプラッシュを使ってきます。
考えてみれば、ここは実装されている狩場のなかでもトップクラスなんですよね。
早く転職して、範囲回復を使えるようになりたいと思いました。

テーマ:ブライトシャドウ - ジャンル:オンラインゲーム

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


PORTAL2

最近の記事

カテゴリー

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。