動画作品リンク

マイワーク(ニコ動)





多重世界のマナ
歌を愛するオンラインゲーマーのつぶやき (twitter-[@temzine])
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

転生モドキ
左の使用キャラ一覧にあるもののうち、ブラキンフィエスタを、フリフオンラインは現在ほとんどINしていません。

ブラキンフィエスタでは、昨年末の12月27日に、大型アップデート「タクティカル・アナコンダ」が実装されました。
レベルキャップの引き上げ、新マップ・新モンスターの実装。
パーティーマッチングシステムに新しいクエストなどなど。
私のキャラでもわかる変更としては、ミニルームが広くなったことでしょうかね。
プレイ意欲をかきたてられそうな変更は、ありませんでした。

フリフオンラインのほうは、今年の1月16日に、大型アップデートが入りました。
このアップデートにより、難易度の高いダンジョンと、転生モドキのような成長システムが導入されました。
ヴォルケインダンジョンは、入るために毎回クエストをクリアする必要があるそうです。
誰でもすぐに行ける場所ではないということですね。
また、転生のほうは、マスターとヒーローが実装されました。
マスターになるには、レベル120で獲得経験値が99.99%になっている必要があります。
マスターになると、レベルは一旦60まで戻ります。
レベル120でかつ獲得経験値が99.99%になると、ヒーローになる資格が備わります。
マスターになる場合も、ヒーローになる場合も、ヴォルケインダンジョンの中にいるNPCから、転生クエストを受けて完遂しなくてはなりません。

ぶっちゃけ、どちらのアップデートも高レベルのプレイヤーを対象としたものですね。
運営側の思惑としては、長期プレイ者をターゲットとして、安定度を狙う作戦のようですが、この作戦はあながち間違ってもいないかもしれません。

私の感覚で、それぞれに強く思う不満点を挙げておきます。
ブラキンフィエスタのほうは、入る際にキャラクターレベルの制限があるダンジョン。
お友達とレベル差が開いてしまった場合に、パーティーを組んで狩りをすることを難しくしています。
まぁこの点は、他のほとんどのMMOでも感じることなのですが・・・。
フリフオンラインの最大の欠点は、同じ敵を狩り続けなくてはならないため、テンションが維持できないこと。
バトルBGMがかからなくなったことと、フィールドBGMに妙に明るい曲がかかるようになってしまったことも、マイナスだと感じています。
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


PORTAL2

最近の記事

カテゴリー

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。