動画作品リンク

マイワーク(ニコ動)





多重世界のマナ
歌を愛するオンラインゲーマーのつぶやき (twitter-[@temzine])
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

原始世界のペット
今日はデコトラコン。

メイフマスターズを始めました。
ローディング画面

私のPC環境では、3DモノのMMORPGは基本的に動かないことになっています。
グラフィックボードというシロモノは存在せず、描画関係はマザーボードに乗っているプロセッサだけでまかなっています。
いわゆる、「オンボード」と呼ばれるグラフィック環境です。
ですが、フリフオンラインやROSEオンラインのように、最小スペックを満たしていないにもかかわらず、動かせるものがいくつかあります。
以前にルナオンラインや、ルナティアを試してみましたが、どちらも一応動くことは動くのですが、「遊べる環境」かどうかについては、PCのパワー不足を痛感しております。
最初の狩り
それでもまぁ、見た目でよさげなゲームは、とりあえずID登録してインストールしてみます。
そんななかにはフリフのように、意外に快適に遊べるものもあってびっくりしています。
このメイフマスターズも、キャラクター作成からゲーム開始までは割とスムーズでした。
召喚メイフを間違えました☆
さて、システムのキモですが、「メイフ」と呼ばれるペットが、このゲーム最大のウリです。
以前にモンスターファームオンラインを試したことがありますが、それよりもこちらのほうが魅力的に見えます。
画面ではクラブを攻撃しているところなのですが、すぐ横にいる電気ジェルミンというモンスターは、捕獲して手懐けたものです。

基本のメイフが持っている捕獲スキルは、モンスターを捕獲するものですが、捕獲したモンスターはアイテムの材料にするだけでなく、メイフとして育成することもできます。
そしてここからが重要なのですが、プレイヤーの属性は、連れているメイフの属性に大きく影響されます。
実はこの時点でクラブに挑むのは少々危険なのですが、水属性のクラブに対して木属性のポイズンジェルミンなら、有利に戦えるわけです。
・・・え?・・・はい、写真は電気ジェルミンです。
私が召喚するジェルミンを間違えただけですはい(^^;w
1匹目はターラからチューラに進化しました
死亡しすぎて親密度が下がりすぎたせいでしょうかね。
最初の哺乳類型メイフは、チューラに進化しました。
この子は耐久力が高めの近接型メイフです。
ミュージシャンの盾役としては、いいかもしれません。
2匹目はターラからニャティに進化しました
続いて2匹目。
死亡回数ゼロで、親密度は2~3くらいになります。
そのうえで、野菜と飲料を4ずつ与えたところ、ニャティに進化しました。
前衛型ではありませんが、そこそこの攻撃力と「気合」というHP回復能力のおかげで、結構役に立ってくれています。
捕獲型のメイフなので、連れ歩く機会も多くなるのではないでしょうか。
とにかく序盤は、捕獲能力を生かして、資材の収集や属性メイフの確保に役立ってくれると思います。
結構おしゃべりな子です
このあと爬虫類型と昆虫型のメイフを育てて進化させました。
メイフは型と育て方によって様々なタイプがありますが、見た目や能力によって、いろいろ選ぶのも楽しかったりします。
狩る相手によって、メイフを選ぶということも必要になってくると思います。

なお、連れ歩けるメイフは1匹だけですが、他に4匹まで所持する形でストックできます。
移動中に5匹をとっかえひっかえ出し入れすることも可能です。
メイフ預かり所というところでも、キャラクターごとに5匹まで置いておけるので、合計で1キャラクターにつき、10匹まで持つことができます。
なお、倉庫はアカウントで共有になっていました。
他のキャラで入手した卵を、べつのキャラに渡すことも可能です。
ただし、一度卵から孵してしまったメイフは、トレードできません。
あまった卵はどんどん売って、資金にしたほうがよいでしょうね。
動作が重いのですが、メイフマスターズは、密かにしばらく続くと思います。

テーマ:メイフマスターズ - ジャンル:オンラインゲーム

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


PORTAL2

最近の記事

カテゴリー

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。